いつ勉強するのが一番効率良いか?

今更そんなこと言われても…という内容になりかねませんし、

「そんなこと言うなら、お宅の塾に中3のうちの子は預けたくないわ!」

と思う方もいらっしゃると思うので

塾のブログでこんなこと書くのは憚られるのですが、


勉強は先手必勝!


スタートは早ければ早いほど、学習効率は良くなります。

中3になってどれだけ頑張っても、中1のうちから頑張ってる子には追い付けませんし、

ましてや小学校のうちから頑張ってる子には到底追いつけません。


中1のときに成績がトップの子は中2の終わりにもトップである確率が高いですし、

中1のときに成績が下位の子は中2の終わりにも下位である確率が高くなります。

同じことは中2→中3のときにも言えるので、

結局、中1のときにどのポジションにいるかで

高校受験の結果が7~8割がた決まってしまっていると言えてしまいます。

中3になってからどれだけ頑張ったとしても、非常に効率が悪いのです。


私の塾でも中3から入塾し、大きく成績を上げている子が多くいますが、

そういうお子さんに共通していたのは、

幼い時にピアノ、そろばん、幼児教室などで英才教育を受けていたということ。

やはり、先手必勝ですね。


お子さんに勉強させるのに、「まだ早いかしら?」

なんてことはどの段階であっても決してありません。

幼稚園でも、小学生でも、中学生でも、思い立ったが吉日。

一日でも早く始めた方がお子さんが楽になると思いますよ。


ぷらすついーと&ぷらすぶろぐ

横浜鶴見の学習塾、まなびプラス鶴見のブログです。効率よい学習方法や受験情報を日々綴っていきます。